三叉神経痛 温めた時 効果

三叉神経痛を温めた時の効果

スポンサーリンク

こめかみから頬にいたるまでの範囲でちくちくした傷みを与える三叉神経痛に冷えは禁物です。
温めた時の効果についてお話しします。

 

 

【三叉神経痛は3本立ての神経痛】
三叉神経痛は脳内を走る中枢神経から枝分かれした末梢神経が、脳天の神経から顔面に伸びてくる過程で何らかの理由で圧迫を受けた時に感じる痛みです。
こめかみの部分から目、頬、そして顎へと三叉に枝分かれして伸びていますが、左右どちらかに痛みを感じるのが特徴です。

 

ぴりぴりした痛みの原因は臓器や血圧あるいは体温などをつかさどる自律神経がストレスや疲労などで乱れたゆえと考えられますが、神経が圧迫される理由の1つとして動脈硬化による可能性もあるため、油断は禁物です。

 

自律神経は交感神経と副交感神経からなる事はよく知られていますが、活動している時に機能している交感神経は疲労やストレスでたえず緊張した状態におかれていると、痛みの他いらいらや不安などの精神的苦痛も与えますから、緊張をほぐしてあげる事で痛みを緩和させる事ができます。
冷えると痛みを助長させる事になりますが、温めた時の効果は開放感やリラックス効果も発揮しますからオススメです。

 

スポンサーリンク

 

【温めた時に三叉神経痛をほぐす】
体を温めた時の効果はリラックス効果やリラクゼーション効果そして疲労回復などの効果を発揮しますから、もしも三叉神経痛が辛いときは半身浴や温泉などにつかるなどして、冷えた体を温めた時の気持ちよさを実感するのがおすすめです。

 

実際自律神経のうちの交感神経が常に緊張した状態におかれれば、そうした状態から少しでも開放されようとして三叉神経痛を悪化させる事も考えられますが、温めた時には緊張がほぐれてリラックスを感じたり疲労が解消されたりして、休息時に機能する副交感神経が働いて気持ちよさを与えてくれます。
他の適切な治療と共に生活の中に良い効果をもたらす習慣を取り入れていきましょう。

 

ひりひりしたなんとも嫌な不快感を与える三叉神経痛は温めた時にリラックス効果を与えて症状を緩和してくれますから入浴がオススメです。

スポンサーリンク