三叉神経痛 原因 肩こり 関係性

三叉神経痛と肩こりとの関係性と原因

スポンサーリンク

三叉神経痛によって肩こりを発症する事があります。
その原因と関係性についてお話しします。

 

 

【三叉神経痛は顔面を走る三叉神経の病気】
三叉神経は脳幹から伸びており脳天で三叉に分かれて顔面を覆っている事から、三叉神経と呼ばれていますが何らかの理由で神経のすぐそばを通っている血管や他神経に圧迫されて生じる症状である事はよく知られています。

 

そのために顔を洗ったり化粧をしたりなどのちょっとした刺激で顔面に強い痛みが瞬間的に走ったり眼底に痛みが走ったり、あるいは歯茎に痛みが走ったりなどつらい症状を発症します。
いくつかの治療方法がありますから自分にあった方法を利用して対処する事ができます。

 

 

【三叉神経痛と肩こりの原因と関係性との有無】
これらの三叉神経はそのまま首から下に伸びています。
それが原因で思いがけないところに影響を与えてしまう事があります。
良い例として偏頭痛をあげられます。
偏頭痛が生じる時は肩こりもびんびんにおきていて夜も眠れない状態に陥ってしまう事があります。

 

素人目に肩こりと偏頭痛の関係性はあまりないようにも感じられるのですが、関係性は多いにあったのです。
さらにそのことが原因で相互に刺激しあって三叉神経痛を悪化させてしまっている場合もありますから、両者間の原因と関係性を正しく知って適切な対処をする事により、上手に乗り切りましょう。

 

スポンサーリンク

 

【三叉神経と肩筋肉が相互に刺激し合う】
三叉神経は顔面を通ってそのまま首や肩にまで伸びていますから、神経痛が生じていれば当然ながら首や肩も影響を受けます。
筋肉は痛みを回避しようとして緊張します。
それがまた三叉神経痛に影響して痛みを悪化させてしまうのです。

 

三叉神経痛によって肩こりがおきる原因はこの双方での影響しあいにあります。
肩こりと三叉神経痛との関係性は大いにありますから、肩こりがひどくなった時は専門医での適切な治療によって三叉神経痛も緩和します。

 

三叉神経痛と肩こりは密接な関係性があり、お互いに影響し合って痛みが悪化します。
原因を正しく知って適切な対処をする事で痛みが緩和されます。

スポンサーリンク