三叉神経痛 初期症状

これって病気…?三叉神経痛の初期症状について

スポンサーリンク

聞き慣れない痛みの一種、神経痛に含まれる「三叉神経痛」とはどのような初期症状があり、どのような痛みなのでしょうか。

 

 

【三叉神経痛について】
私達のかかる病気には、一見それが病気とは分からないものが沢山あります。
症状によっては、かなり後になってそれが病気であると分かることがあります。
その一つとして挙げられるのが、『三叉神経痛』です。

 

しかしこれは、分類するならば、どちらかといえば『分かりやすい』病気に入るかもしれません。
私達には、触った間隔などを脳に伝える神経が全身に獲って負いますが、そのうち、顔に通っている神経のことを、「三叉神経」と言います。
その神経を発端として、主に「顔が痛い」という症状を発症するのが、三叉神経痛です。

 

 

【三叉神経痛の初期症状】
三叉神経痛には、どのような初期症状があるのでしょうか。
『神経痛』とあるように、代表的な初期症状は「痛み」でしょう。
神経に痛みを発するとき、普段とは明らかに異なった間隔の痛みが発します。
それも、何の前触れもなく、突発的に発症することが怖いのが、突発性の三叉神経痛です。

 

スポンサーリンク

 

【突然起こる?】
初期症状とは言いますが、それとは分からないくらい、突然発症することがあり、特に私達にとっては日常的な動作をした際に、痛みを感じることがあります。
例えば、顔を洗った時、ひげをそった時、ものを食べた(噛んだ)ときに、痛みが発せられることがあります。
普段、そのような日常的な動作を行って痛みを感じることはありませんので、一発で異質の痛み、感覚であることが理解できます。

 

 

【感覚は異質なもの】
初期症状も含め、三叉神経痛の症状は確かに異質なものです。
しかし、痛みに関しては放置してしまう、という方も多いでしょう。
疲れやストレスなどのせいにしてしまう方もおられるかもしれません。

 

しかし、三叉神経痛は脳を発端としていることもありますので、侮れない症状であると言えます。
痛みという初期症状を感じ、それが頻発するのであれば、必ず医者にかかり、検査をしましょう。
顔に生じる神経痛における痛みは日常的なものとは異質のものです。
初期症状を感じたら、できるだけ早めに病院で検査をしましょう。

スポンサーリンク