三叉神経痛 症状 食事 効果

三叉神経痛の症状への食事効果

スポンサーリンク

三叉神経痛は様々な治療法があり、完治はしないものの痛みを緩和させる事ができますが、食生活を改善する事でも症状漢和につながります。
食事の効果についてお話しします。

 

 

【三叉神経を刺激する食事】
神経痛にオススメなのは神経を高ぶらせるような食事を控えて、気分をよくしてくれるような食生活を日常生活に取り入れる事です。
三叉神経が血管と癒着して三叉神経痛の諸症状を引きおこす事はよく知られていますが、血管から届けられる栄養成分の中に刺激物があると直接三叉神経を刺激して症状悪化につながり、とてもつらい思いをします。

 

体に良いとされるポリフェノールを含む赤ワインやオリーブオイルは血管を拡張する事で、血流を促進させますから動脈硬化には効果的なのですが、三叉神経痛にいたっては逆に神経を圧迫させますから症状悪化につながります。

 

アスパラガスや豆類など脂肪を燃やしてくれてダイエット効果に優れているとされる食品も、同様の意味で三叉神経痛を悪化させる事があります。
そうした事から症状が進むと食事をするだけでも辛くなります。
逆にとりすぎ注意と日ごろ言われるカフェインを多く含む珈琲や紅茶などは、神経伸縮につながる事が効果的に働いて、三叉神経痛を和らげてくれます。

 

スポンサーリンク

 

【三叉神経を刺激しないお勧めの食事と効果】
ではどういった食事なら三叉神経痛の緩和につながるのかと言いますと、ビタミンを多く含むものやセロトニンを増幅させて気分を和らげてくれるような食事です。
すなわち豚肉や大豆類、海草、魚介類、オレンジ類やレモン、緑黄野菜、乳製品などは自律神経にも効果的に働いて、症状を緩和させてくれます。

 

様々な治療法とあわせてこれらの食品も積極的に摂ることで、治療を助けます。
日ごろからお酒をよく飲む人もお酒が三叉神経痛を悪化させ治療の妨げにもなりますから、寂しいかもしれませんが控えた方が賢明です。

 

三叉神経痛は食事をするのもつらいほどひどい痛みを伴う病気ですが、痛みを緩和してくれる食品を取り入れる事によって症状を緩和させる効果はあります。

スポンサーリンク