三叉神経痛 症状 頭皮に影響

三叉神経痛の症状が頭皮に影響

スポンサーリンク

三叉神経痛は顔面に痛みが発症する神経の病気ですが、顔面とつながっている頭皮にも症状が出る事もあります。
三叉神経痛が頭皮に影響を与える事についてお話しします。

 

 

【頭皮に影響を与える症状】
三叉神経痛は顔面に症状が出る神経痛ですが、頭皮に影響を与えてしびれたような痛みを与える事があります。
一般的には脳血管との癒着で発症されるとされているのですが、水疱瘡菌が血管に侵入して三叉神経痛を発症する事があるのです。

 

基本的に一般の三叉神経痛とは区別されて診断されますが、症状はほぼ一緒ですから素人にはどちらなのかわかりません。
検査を経て水疱瘡菌が原因とわかれば適切な治療がほどこされます。
正式には帯状疱疹後三叉神経痛と呼んでいます。

 

一般の三叉神経痛と違う点は痛みの他に水疱瘡の症状であるかゆみや水ぶくれあるいは発疹などを伴い、同じところに痛みが生じる点です。
ストレスや疲労も頭皮に影響を与えますから、ストレス解消法や疲労回復のためのストレッチ体操やリラクゼーションタイムのための時間を作るなどして痛みを緩和させますからおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

【その他の症状で頭皮に影響を与えるもの】
くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍などでも頭皮に影響を与える病気です。
三叉神経痛で受診した時に、他の病気が関係していないかどうかを精密に検査しますから、想定外にこうした病気を判明する事があるのです。

 

薬局へいけば頭痛薬が数種類市販されていますが、まずは脳神経外科を受診して原因をつきとめる方が、後々まで後遺症が残ったり重篤な症状を発症したりする事もありませんし、死にいたる病気もありますから油断する事は控えた方が賢明です。
早めの対策を立てる事が痛みの早期解決になります。

 

ストレスが原因で神経痛を発症する事がありますし、疲労も頭皮に影響を与えます。
頭痛やしびれ以外にも神経の痛みから抜け毛を併発してしまう事もあり、いずれにせよ良い影響を与える事はありません。

 

三叉神経痛は脳幹から伸びて顔面を覆っている神経の病気ですが顔面とつながる頭皮に影響を与える事もありますから、早めの受診をオススメします。

スポンサーリンク