三叉神経痛 症状 目が痛い

三叉神経痛の症状で目が痛い

スポンサーリンク

三叉神経痛の症状として目が痛いというのがありますが、他の病気で生じる事もありますから眼科などできちんと検査を受ける事が賢明です。

 

 

【目が痛い時】
三叉神経は眼神経を始め眼球を取り巻く神経にすべてつながっていますから、三叉神経痛がおきれば眼神経に伴う共通した痛みなどを引きおこしますが、それらを治療してもなお痛みが消去しない時には三叉神経痛を疑う事になります。

 

逆に目が痛いという事は目の病気の前兆である事もあります。
目が痛いという時の病気には眼精疲労・遠視・緑内障・葡萄膜炎・視神経炎・目のガン・脳腫瘍・帯状疱疹などがあります。

 

スポンサーリンク

 

【三叉神経痛と区別したい目が痛い病気】
脳腫瘍や脳梗塞の予兆としての三叉神経痛がおきると目が痛い症状になりますが、三叉神経痛とは別の病気を発症している時があります。
それゆえ受信すると丁寧な検査をした上でMRI検査が追加される事もあります。

 

眼精疲労は文字通り目の疲れであり目がしょぼしょぼしたり、かゆみがしたり、光がやたらまぶしくてちかちかした痛みを感じたりなどの症状が出ます。
緑内障は少しずつ視野が狭くなり失明にいたる事もあります。
完治しないと言われています。

 

葡萄膜炎は眼球を包んでいる葡萄膜におきる症状ですが、眼球の外膜にまで広がって、目が痛い症状の他にかすんだりゆがんでものが見えたり、充血したりなど複数の症状を発症します。
原因はよくわかっていません。

 

視神経炎は文字通り視神経に炎症をおこしたもので目の奥に痛みを感じたり、視力低下や色覚異常をおこしたりします。
原因はウイルス感染や外傷そして腫瘍圧迫、自己免疫などいくつかが考えられます。
近隣の炎症からの影響を受けて発症する事もあります。

 

目が痛いという症状を1つとっても様々な原因を考える事ができますから、三叉神経痛だけではなく幅広い検査が必要になります。
まずは痛みをやせ我慢せずにもよりの眼科を受診して詳しく検査を受けてみる事が大切です。

スポンサーリンク