三叉神経痛 和らげる方法

顔に痛み…?三叉神経痛を和らげる方法とは

スポンサーリンク

普段は痛まない場所が痛む三叉神経痛、その痛みという症状を和らげる方法はあるのでしょうか。

 

 

【突然の痛み】
痛みの伴う症状というのは、できるだけ早めに処置したいと思うはずです。
痛みを和らげる方法をネットで調べるという方も少なくないでしょう。
それがとても強い痛みを伴うものであればなおさらです。
それも、突然発生する痛みは、何かの病気に罹ってしまったのでは、と思うことがあります。
では、突然痛みが発生する病気には何があるのでしょうか。

 

その一つが、『三叉神経痛』です。
「三叉神経」は、顔に通っている神経であり、脳へ感覚を伝える役割を持っています。
神経が痛む、という感覚が分からないかもしれませんが、そもそも普段日常的に顔に痛みを生じることなどほとんどないので、それが明らかに異なっているものであることが分かるでしょう。

 

 

【顔が痛いということ】
髭剃りの時に誤って顔を切ってしまった、または顔に何かがぶつかった、というような痛みとは異なる三叉神経痛、まずはその痛みをどうにかしたい、と思うのが普通です。
痛みを和らげる方法があるのでしょうか。

 

基本的に、三叉神経痛は『怪我』ではありませんから、内部…神経の痛みを和らげる方法を実践しなければなりません。
ですから、自分で行う処置に関しては根本的な解決にはなっていないのです。
そこで、三叉神経痛には、いくつかの内服薬が病院で処方されます。

 

スポンサーリンク

 

【有効な薬】
代表的なものとして、抗てんかん薬として用いられる『カルバマゼピン』があります。
三叉神経痛や、躁鬱病の症状緩和に用いられます。
この薬は痛みを抑える、という効果の上では高い効果を発揮しますが、副作用が懸念される薬の一種でもあります。
痛みを和らげる方法としてこの薬を用いることができますが、医者の指示以外の仕方での摂取、過剰摂取などは避けるべきである、と言えるでしょう。

 

 

【根本的な治療を】
何らかの原因によって発生する痛みを和らげる方法は、冷やすとか、温めるといった方法が代表的ですが、こういった神経痛においては、薬を用いる必要がある、という点を明記しておく必要があります。

 

同時に、違和感を感じたらすぐに、病院で検査を受けた方が賢明です。
三叉神経痛は顔に痛みを伴うものですが、痛みを和らげる方法として、内服薬を用いる方法が効果的です。

スポンサーリンク