三叉神経痛 症状 歯茎 影響

三叉神経痛の症状で歯茎に与える影響とは

スポンサーリンク

三叉神経痛は脳天から顎の先まで細かく枝分かれした抹消神経に激痛が走る病気ですから、歯茎も影響を受けます。
症状についてお話しします。

 

 

【三叉神経痛のシステム】
三叉神経は耳から約センチほど上に三叉神経の束である神経?があって、それぞれ上顎神経・眼神経・下顎神経との三叉に分かれそれぞれの枝が縦長に広がっています。
下顎神経は三叉神経の中でも特に大きめの神経であり顔面の下方に広く伸びています。

 

上顎神経も下顎神経も頬神経を経由して鼻腔や口腔の粘膜そして歯茎に連結していますから、偏頭痛がおきた時に口腔にも影響が出て痛みなどの症状を発症する事があります。
虫歯がないのに歯が痛いなどの症状が出る時や歯をいじるだけで痛みを感じる、あるいは舌がしびれるといった症状を発症している時は三叉神経痛の影響が考えられます。

 

 

【三叉神経痛と歯茎への影響】
歯茎や舌あるいは関節や周辺の筋肉を三叉神経痛が影響して歯の痛みに似た症状を発症する事に加えて、顎関節が重たくなる症状や首から肩にかけて激痛が走り、肩の筋肉も硬くなる事がおきます。
こうした症状はストレスや疲労によってもおきます。

 

一番の原因は近隣動脈の拡張による神経圧迫ですから、外科手術で痛みを消去する事ができますし、様々な治療法が確立されていますから、自分の生活状況に合わせて治療方法を選ぶ事もできますが、最も効果的なのは外科手術です。

 

その時に思いがけなく脳腫瘍は脳梗塞あるいはくも膜出血を発見する事があります。
9割近い人が痛みを消去できた上に長期間再発もなく日々を過ごせていますが、副作用や後遺症が残る事もあります。

 

スポンサーリンク

 

【三叉神経痛による歯茎の痛みに伴う注意】
歯茎の痛みは三叉神経痛以外でも発症する事もあり、診断が難航する事もあります。
特に差し歯をしているケースですと差し歯のせいで歯茎が痛んでいると勘違いして歯を抜いてしまったケースもあります。

 

もしも歯茎への影響の他に頭痛や顔面のしびれや痛みも併発している時は、脳神経外科を受診して精密検査を受けるのが適切です。
三叉神経は顔面にはば広く伸びているゆえに歯茎などいたるところに影響を与えます。
脳神経外科を受診して検査を受ける事が適切です。

スポンサーリンク