三叉神経痛 症状 抜歯 必要なし

三叉神経痛の症状に抜歯必要なし

スポンサーリンク

三叉神経痛の症状に由来する歯痛には抜歯必要なしです。
その理由についてお話しします。

 

 

【上下顎神経への影響と症状】
三叉神経痛の上顎および下顎神経の先は歯茎や舌および顎などにあります。
したがって三叉神経痛が生じると歯茎や顎関節および舌に影響が出ます。
瞬間的に襲ってくる歯痛や舌のしびれそして顎関節に生じる鈍痛などの症状があってもどこに相談したら良いかもわからず、結局歯科を受診し抜歯までしてもらったのに、まったく痛みが抜けないといった体験をしている人は意外と多いのです。

 

歯科の専門医であっても三叉神経痛からきている痛みだと診断しにくい症状、そして不要な抜歯をされてしまう事もあります。
三叉神経痛で実際は抜歯必要なしです。

 

 

【三叉神経痛に似た歯痛】
歯痛の原因は多種類ありどれが適応されるのかがわからないケースも多いのです。
三叉神経痛と混同されやすい病気もありますから要注意です。
虫歯・歯周病・顎関節症・頭痛・舌咽神経痛・他諸々ありますから、どれが当てはまるのかを識別しにくいと言う事は専門家の間でもあります。

 

虫歯による歯痛はなんとなくではあっても識別できるでしょうが、舌咽神経痛は原因も症状も治療法も三叉神経痛に準じたものが行われますから、誤診しやすい症状の1つです。
うつ病や精神疾患、心臓の病気、薬害によるもの、その他原因不明の歯痛など歯痛の原因はいくらでもあげる事ができるため、これらの要因も含めて必要なしの抜歯を行われる事があります。
しかしながら三叉神経痛から来る歯痛は本来抜歯の必要なしだと覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

 

【必要なし以外の治療法】
心因性の歯痛であれば抗うつ剤が投与される事もありますし、レーザー光線での治療、あるいは自律訓練法などの方法が選択される事があります。
特に三叉神経から来ている場合は手術や理学療法あるいはカウンセリングなどによる治療法も選択されます。

 

外傷性有痛性三叉神経ニューロパチーのように手術や神経を抜くなどの治療の副作用で歯痛が悪化するケースもたまにありますから、抜歯の必要なしという路線で適切な治療をしてくれる専門医を探して治療してもらうのがオススメです。

 

歯痛には様々な要因がありどの病気による症状なのかを識別しにくいのが現状ですが、症状を正しくよみとって抜歯必要なしという適切な治療をしてくれる専門医を捜して受診する事が賢明です。

スポンサーリンク