三叉神経痛 症状 耳の後ろ 痛まない

耳の後ろも痛い三叉神経痛の症状と痛まない方法

スポンサーリンク

顔に激しい痛みがでる三叉神経痛。
その症状は顔全体から耳の後ろなど広範囲に及びます。
この三叉神経痛の症状と痛まないための方法などについて、一緒に見ていきましょう。

 

 

【耳の後ろが痛むこともある症状の原因】
まず、三叉神経について説明しましょう。
顔のさまざまな感覚を脳に伝える役割をもった三叉神経は、脳から3つの枝に分かれており、それぞれ額、頬、顎へとつながっています。
主な症状は、その枝の分かれているポイントに強い痛みがでます。

 

その痛みは、数秒から数十秒ですが、ときに数分続くこともあり症状や痛みの度合い、さらには痛みの感じ方もさまざまです。
耳の後ろやこめかみなど一見関係がないようなところが痛むこともあります。

 

 

【三叉神経痛に間違いやすい痛みを見極める】
耳の後ろが痛い状態は三叉神経痛の場合もありますが、ときに違う病気が原因で症状が出ていることも少なくありません。
耳の後ろに痛みが現れる病気に、舌咽神経痛や群発頭痛などがあります。
さらに顎関節の炎症や関節痛により、耳の後ろに違和感がある場合もあります。

 

耳の後ろだけではなく、顔の痛みを感じるものでは副鼻腔炎や帯状疱疹後三叉神経痛があります。
副鼻腔炎は、鼻づまりや鼻を強くかみつづけていてその刺激が神経にも影響を及ぼして痛みの症状を引き起こすことも少なくありません。
正しい判断と処置が必要なので、症状が出たときは我慢せずに早めに専門の医療機関を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【痛まない体のつくり方】
三叉神経痛は痛みに変化があるうえ、再発の可能性も高いのが特長です。
日ごろから、症状がでない痛まない体づくりを心がけることが大切です。
痛まない体は、他の神経痛や神経の不調対策にも効果的です。

 

多くの人が、痛みは季節の変わり目やストレスを受け続けたときに出ることがわかっています。
まずはストレスを発散したり気分転換したりする習慣を身につけましょう。
体を温めることも効果的で、血行促進と筋肉の緊張をほぐすことで痛まない体を作ることができます。

 

痛まない生活習慣として、入浴は温める効果が期待できます。
アルコールやタバコなどの刺激物の摂取量をコントロールして、神経を刺激することは極力排除して、痛まない生活を送りましょう。

 

三叉神経痛は内服治療や手術による治療があります。
内服治療でもほとんどの人が改善する結果がでています。
痛みが出たときは専門医に相談し、指示に従い痛まない生活を手に入れましょう。

スポンサーリンク