三叉神経痛 症状 耳 痛まない

三叉神経痛の症状で耳が痛い原因と痛まないようにするには?

スポンサーリンク

顔にとても強い痛みを感じる三叉神経痛。
顔の感覚を脳に伝達する神経である三叉神経に痛みが発生することで、顔に痛みが出ます。
症状は顔表面だけに限らず、あごや耳にも及びます。
この三叉神経痛の症状の原因や自分でできる、痛まないようにする方法を紹介します。

 

 

【三叉神経痛の原因と症状】
顔の感覚というのは、三叉神経を通じて脳に伝わります。
脳から左右に伸びていて、額、頬、あごの3方向へ分かれています。
この三叉神経に異常が生じて、突発的な痛みに襲われる症状を三叉神経痛と呼びます。

 

痛みの種類はさまざまですが、針で刺されるようなチクチクしたものから、えぐられるような激しい痛みの種類があるようで、1回に数秒から数十秒ほど痛みが続くことが多いです。
症状は、腫れたり赤くなるなど、外から見てわかるものではないため周りの人にわからないのも、痛みを周りに理解されにくい要素となり、職場や学校などで困っている人も多いようです。

 

 

【耳が痛まないようにする方法とは】
三叉神経痛は、顔を洗ったり顔に風があたったりすると額や頬に痛みを感じることが多くあります。
しかし、状況によってはその痛みは耳や鼻の奥などにもあらわれます。
顎を動かす運動があった場合、耳の奥が連動して痛む症状が出ます。

 

こうした耳の症状を痛まないようにするには、神経ブロック注射や薬物療法による処置が行われます。
痛まないようにする最速の対処法なので、医師に相談して治療してもらいましょう。
その他には電気刺激で痛みを伝える神経の働きを抑えて痛まないようにする方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

【神経が痛まないように生活するには】
痛みの発作が年中続く人もいますが、多くの場合は季節の変わり目に痛むことが多いようです。
女性の患者数が男性の約2倍にも及ぶと言われており女性にとって深刻な病と言えます。
耳などに症状がでないようにするには温めて血流を良くし、筋肉を柔らかく緩めるのが効果的です。

 

入浴中は痛まないという報告が多数あり、温めることが効果的なことがわかっています。
三叉神経痛は他の神経痛と同様に、ストレスや緊張による自律神経の影響を受ける可能性が高いので、気分転換やリラックスできる時間を持つように心がけましょう。

 

症状がひどいと、治療のために仕事や学校を休むこともあるので、耳などに痛みが出た場合は早いタイミングで専門の医師へ相談するようにしましょう。
さらに、三叉神経痛を再発しないために、神経を刺激する行動をとらないようにすることも大切なので、医師に対応策をしっかり確認するといいでしょう。

スポンサーリンク