三叉神経痛 手術 入院期間

三叉神経痛手術の入院期間

スポンサーリンク

三叉神経痛手術を受けた後の入院期間は意外と短いんです。

 

【神経血管減圧術とは】
神経血管減圧術は、大変成功率も改善率も共に高く入院期間も比較的短い三叉神経痛治療法として受け入れられていますが、手先の繊細さを要求するリスクの高さも兼ね合わせています。
一口に言えば三叉神経痛を引きおこしている神経圧迫を解消するために、血管そのものを移動してしまおうというものです。

 

顕微鏡でしか見えない微細の世界にいどむ大変な手術ですが、それでも90%の人がこの手術を受けてから長い間苦しんでできた激痛を消去されるという、この上もない幸運を手に入れています。
その方法とは耳の後ろ6センチあまり位置に緩いS字型に切れ目を入れ、頭蓋骨に500円玉くらいの大きな穴を開ける手術です。
これだけでも不安になる人はいるかもしれませんがちょうど髪の毛で隠れる場所ですから、傷も人目につきません。

 

三叉神経に癒着した血管と構造物を丁寧に剥離し移動させれば完了。
リスクが0ではなくエネルギーも必要ですから高齢者は推奨されませんが、他の脳外科手術の中ではもっとも安全との評価も受けていますし入院期間も比較的短いのが特徴です。
他の治療法ではとうしても良い結果を出せなかった人は医師と相談してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

【手術後の流れ、おおよその入院期間】
縫合して2日目くらいには院内を歩けるようになり、通常入院期間は1週間程度で退院していきますから、大手術という印象からは想像もつかないほど早い入院期間です。
三叉神経痛の消去に関しては個人差があり完全に痛みがとれるのに1週間以上かかる人もいますし、数ヶ月かけて少しずつ痛みが薄らいでいく人もいます。

 

入院期間は短いものの後遺症が残る人もいるので通院はしばらく続く可能性があります。
何をもって完治というべきか判断に困る点はありますが、他のリラクゼーション的な要素や生活改善も取り入れながら、上手に三叉神経痛とつきあっていく事が重要です。

 

動脈の癒着の場合に有効な治療法であり、静脈やくも膜ですとほとんど効果が期待できず再発も多いという難点もありますから、トータルで見る入院期間はさらに延びるかもしれません。
手術以外の治療法を検討してみる方が賢明です。

 

三叉神経痛手術は、リスクはありますが成功率が高く入院期間も比較的短い治療法ですから、他の治療法では三叉神経痛がとれなかった人の最後の手段としておすすめです。

スポンサーリンク